Hibiya.comは、日比谷・有楽町のショップやエンタメ情報をまとめたオンラインエリアガイドです

日比谷エリアガイド

おすすめ最新情報
銀座・築地・京橋・日本橋・浅草周辺エリア
(東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線沿線一部エリア)

日比谷近くのエリアもチェック

東京宝塚劇場、劇場街、映画館

日比谷エリアガイド '70年代までは、日比谷公園から日比谷劇場街へのコースは、専らデートの定番コースでした。今も昔も変わらぬ人気を誇るタカラジェンヌの殿堂「東京宝塚劇場」。華やかな宝塚歌劇は非日常な夢の世界へといざなってくれます。

日比谷エリアガイド2000年12月、日比谷スカラ座は東京宝塚劇場の地下に 「TOHOシネマズ スカラ座」としてリニューアルオープンしました。最新の設備を備え、臨場感溢れる大作を楽しむことができます。また、バリアフリーが配慮され、難聴者には補聴器に音が入ってくるスペースや、車椅子用のエレベーターも備えています。

日比谷エリアガイドミニシアターの先駆けである「TOHOシネマズ シャンテ シネ」。1、2、3の3館があり、入れ替え制で立ち見はありません。同じくミニ・シアター系の映画館は「TOHOシネマズ みゆき座」

日比谷シャンテ

日比谷人気日比谷シャンテ」は東京宝塚劇場向かいにあり、ショッピングや食事に便利です。1階にはトム・クルーズやジャッキーチェンなど60名を超えるスターの手形がはめ込まれた「合歓の広場」があり、ゴジラのミニチュア像は待ち合わせ場所としても利用されています。

帝国ホテル

日比谷エリアガイド伝統のおもてなしと最新の設備を併せもつ日本を代表するホテル「帝国ホテル」。同ホテルは1890年、外務大臣 井上馨の提唱により、外国の賓客をもてなす迎賓館として鹿鳴館の隣に作られました。最初の建物は失火により焼失しましたが、建築界の巨匠フランク・ロイド・ライトの設計により新館が建てられ、関東大震災や第二次大戦の空襲にも耐えました。1968年に取り壊されましたが、現在、愛知県犬山市の明治村にその玄関部分だけ移築されています。

日比谷公園、日比谷図書文化館

日比谷エリアガイド「日比谷公園」は、明治36年に日本で初めて都市計画により作られた洋風の都市公園です。敷地面積は約16万㎡を誇り、東京ドーム3.5個分の広さ。ビジネス街のオアシスとして親しまれ、園内には通称『日比谷外音』として知られる野外コンサートの殿堂「日比谷大音楽堂」や、「日比谷公会堂」、「日比谷図書館」があり、地下には車470台が収容できる巨大駐車場があります。

日比谷エリアガイド日比谷図書文化館」は、1908年に日比谷公園内に開設された図書館。現在、運営を「日比谷ルネッサンスグループ」に委託しており、2011年11月にミュージアムやカレッジ、ショップのある総合文化施設としてリニューアルオープンしました。蔵書は約15万冊。図書館1階にはお茶を飲みながら読書ができる「ライブラリーショップ&カフェ日比谷」を併設しています。

日比谷人気1903年日比谷公園内に開業した老舗の洋食レストラン「日比谷松本楼」。ハイカラビーフカレーやオムレツライスは超ロングセラーのメニューです。毎年9月25日、ビーフカレーを10円で振る舞う『10円カレーチャリティーセール』が有名。

ウェディング・ブライダル

日比谷人気ブライダルハウスのフェリーチェ ガーデン日比谷は、日比谷公園内にあるドイツバンガロー風の建物で挙式・パーティーが行えます。建物は東京都の有形文化財。独立型のチャペルがあり、あたたかみのある雰囲気です。収容人数が36人なので、少人数でのアットホームな結婚式にぴったり。

あなたのお店・ビジネスを応援します!

あなたのお店を口コミエリアガイドへ掲載しませんか?
お店の「紹介文」「特典」「イベント情報」「スタッフ募集」「写真」を無料で掲載いたします。詳しくはこちらの登録フォームページから。



sponsored links